• News
  • ご挨拶

ご挨拶

 明治時代の末期、東京都新宿四谷に小間物商(帯留、かんざし)として商売し、その当時の小間物商品のひとつに頭髪用のリボンが売られていました。  当時のお客様の「花の飾りにリボンを使いたい」という要望にお応えし、今まで頭髪用として限定されていたリボンを、様々な業界で使用いただく最初のきっかけとなり、その後大正10年(1921年)にリボン専門店として新発足しました。

 以来、時代の変化とともにリボンだけでなく包装紙など、ラッピング全般の商品開発から使用方法などの提案にも力を入れ、おかげさまで今日まで発展して参りました。

 これからも「心を伝える東京リボン」として 贈り手の思いをラッピングと云うかたちにして、もらわれる方々に幸せを、そんな人と人とをつなぐお手伝いをしてまいりたいと思います。

 ラッピングで全ての方々に笑顔が生まれることを願って。

東京リボン株式会社
代表取締役社長
川原 陽一郎

ページのトップへ